ギャッベ
  • HOME
  • ギャッベ

ギャッベについて

image
ギャッベとは、ペルシャ語で目が粗くて毛足が長い絨毯を意味します。ギャベともいいます。 ペルシャ絨毯の一種です。イラン・イスラム共和国の南西部に位置するシラーズ州を遊牧する部族カシュガイ(カシュカイ)族、ルリ族などによって織られる遊牧民の手織り絨毯の略称です。もともとは、山岳地帯を移動する彼らの生活の中で、羊の毛をざっくりと織ってふかふかに仕上げて、ベッドとして使うために織られてきた手織り絨毯です。 

素材とデザインについて

ギャッベは、南西ペルシャに位置するザクロス山脈の山岳地帯に生息する羊の毛を使っており、染めは遊牧民の生活圏に自生する草や花、樹木などを主材料にする草木染めによって行われます。
ギャッベ絨毯の特徴である文様は、伝統的な遊牧民の文様であることが多く「羊・ヤギ」などの動物文様や「生命の樹 (Tree of Life )」と呼ばれる木の文様などがあり、自分たちの身の周りの自然の景色や出来事を絨毯に織り込んでいきます。
地の色は、羊の毛そのものの色のこともあり、自然の色ムラがとても魅力的です。また、アブラッシュと呼ばれる染めムラを利用しながら織り込まれることもあります。

ブランド・・・ゾランバリ

ペルシャ絨毯は、織り子が織り上げた絨毯が集まる集積所や産地の工房から絨毯商人が仕入れを行い、それを仕上げ工房に回して綺麗に整えて、商品化されます。その絨毯商人の一人であるゾランバリによって集められたギャッベ絨毯がゾランバリブランドです。ゾランバリは、もともとイラン国内でゴミ扱いされてきたギャッベを遊牧民から定期的に買付を行い、ギャッベの品質管理のアドバイスを遊牧民に行いながら、ギャッベの品質を上げてきました。スキルを上げた織り子はゾランバリだけにギャッベを提供しているわけではないので、もちろんゾランバリブランド以外にも品質のよい優れたギャッベは世界各国の絨毯販売店で売られています。ブランド化されたゾランバリのギャッベ絨毯は、日本のものには商品の裏にスタンプを押してありますが、イラン国内や欧米のペルシャ絨毯販売店ではスタンプは押されていないこともあります。

ギャッベの例

例1

  • image

  • image

  • image

例2

  • image

  • image

  • image

ペルシャ絨毯
パキスタン絨毯
ギャッベ
Copyright (C) CINDY CARPETS Co.,Ltd. All rights reserved.